れんげクリニック HOME歯科治療について > インプラント治療

インプラント治療

歯を失った場合の治療について

歯を失ってしまった場合の治療方法として、その選択肢には「インプラント治療」「ブリッジ修復」「入れ歯」「移植」「放置」があります。近年は見た目、機能に優れていることからインプラントを選択される方が増えています。

当院では歯科用CTを導入しております。3次元的に診断しより安全に痛みなくインプラント治療を行って頂けるよう配慮しております。

インプラント治療

インプラント治療(図解)

  • 利点
  • 左右の歯に負担がかかりにくい。違和感が少ない。噛みやすい。
  • 欠点
  • 高額である。外科処置を伴う。

インプラント治療前・治療後

右下欠損部2本インプラント治療を行なっております。前後の歯を削ることなく、治療を得ることができました。 入れ歯のような違和感がほとんとございません。

インプラント手術前・手術後

CTの優位性 レントゲン写真 当院では、術前、術後にCTを用いて3次元的な診断と術後評価ができるので、安心です。また術中にも撮影することが可能です。より安全にインプラント治療が行えます。

インプラント治療前・治療後

インプラント治療を行うことで、違和感もなく、なんでも食べることができます。

ブリッジ修復

ブリッジ修復(図解)

  • 利点
  • 違和感が少ない、保険適応である
  • 欠点
  • 掃除がしにくいため、再び虫歯になりやすい。
    左右の歯に負担がかかる。左右の歯を削らないといけない。
入れ歯

入れ歯(図解)

  • 利点
  • 清掃がしやすい。保険適応の治療である。
  • 欠点
  • 違和感が強い。バネがかかる歯に負担がかかる。噛む力は弱くなる
移植

移植(図解)

  • 利点
  • 自分の歯を用いることができる。
  • 欠点
  • 成功率が高くない。成功しても長くは持たないことが多い。適応症例が限られる。
放置

放置(図解)

  • 利点
  • 低侵襲である。対合歯の位置関係によっては放置しても問題ないケースもある。
  • 欠点
  • 放置することで対合歯、左右の歯が移動する。
    きちんと治療しようと思った時、矯正治療から始めなければならない場合がある。